2014年4月27日(日)リーグ戦第1週目試合結果


選手宣誓と優勝カップの返還をしたビーズ・中田健介

桜の開花と、時を同じくして毎年繰り広げられるNY日系人会主催の軟式野球大会が今年も27日(日)快晴に恵まれて、8試合が行われました。本大会は今年で第29回目を迎え、17チームのエントリーでA・Bブロックに別れ、リーグ戦そしてインターリーグ戦(公式戦)と7月一杯まで熱戦が繰り広げられる予定です。その後、各ブロックの上位4チーム(計8チーム)が決勝トーナメント(プレーオフ)に進出して、8月3日(日)より10日、17日(決勝戦)とセントラルパークで優勝を目指します。
開会式では陸・海・空と大きな人災事故の説明があり、韓国旅客船沈没事故、マレーシア航空機事故、イーストハーレムビル崩壊事故等沢山の犠牲者が出ました。そして自然災害ではフィリッピン台風の被災者、これらの方々に哀悼の意を表し、全員で10秒間の黙祷を捧げました。

ランドルズ・フィールド#41で始球式を行なった黒住茉那さん
昨年度の優勝チーム(ビーズ)より、優勝旗と優勝杯が大会本部に返還され、選手宣誓により、開会式を手短に終わらせて、7時より本番の試合開始と駒を進めました。昨夜の雨でフィールドのメインテナンスに時間がかかり、セントラルパークでの2試合は予定時間が大幅に遅れ11時頃にスタートし、午後1時頃終了する有様でした。

加藤脩治(大会本部役員)


4月27日試合結果

ハマッコ・西津とオレガ・勝山の両ピッチャーの投手戦となったハマッコ・オレガ戦
ハマッコ 2 ー オレガ 1
TEAMTotal
ORG
HAM
勝利投手:西津
打点:永井2(ハマッコ)、鮫島1(オレガ)
前日の雨の影響で試合開始が1時間以上遅れて開始。お互い難しいコンディションの中、ハマッコ西津、オレガ勝山による息詰まる投手戦となる。ハマッコは3回、2アウト2,3塁から6番永井の2点タイムリーで先制。一方のオレガはランナーを出すもののホームに返す事が出来ない。最終回、代わったピッチャー小林を攻め、エラーで溜めたランナーを鮫島のヒットで返し1-2とする。さらに1アウトランナー2,3塁としたところでスクイズを選択。タイミング的には完全に成功に見えたが、ピッチャー横に上がった小フライを小林が横っ飛びで掴みを万事休す。ボールは三塁に送られゲームセット。両チーム共に負けられない初戦、気合の入った好ゲームでした。また、グラウンドの都合で自チームの試合が同時刻から始まったにも関わらず、主審を務めてくださいましたロデオ50sのご担当者様、ありがとうございました。


1塁への送球でピンチを切り抜く、ダンボーズ・永田(医)
ダンボーズ 9 ー シルバーズ 4
TEAMTotal
SIL
DMB
勝利投手:永田(医)1勝
打点:永田(淳)3、Jesse 1、袴田 1

フィールド#41の第二試合は昨年度大会で準優勝のシルバーズとベスト4進出を果たしたダンボーズの好カードとなった。ダンボーズは1回裏から1番Tsuyoshiが四球、2番平岩のライト前、3番永田(淳)の四球でノーアウト満塁のチャンスを迎え、4番Jesseの外野フライをシルバーズの落球でTsuyoshiが生還。平岩がサードの隠し球でアウトとなるが、5番袴田のショートゴロの間に永田が生還して2点を奪う。2回表シルバーズも1点を返し、2回裏ダンボーズは2アウトから平岩の内野安打の間に9番永田(医)が生還、続く永田(淳)が左中間への2点タイムリー二塁打で合計3点を追加、2回を終え5対1と試合を有利に進める。

その後は両軍1点ずつ追加して6対2で迎えた6回表。ダンボーズ2番手内藤は立ち上がりの制球難でシルバーズは1アウト2,3塁のチャンスを迎え、ライト前タイムリーを打ち、さらにこの打球をライト村松のエラーで2点を追加、6対4で試合は一気にシルバーズの追い上げムードとなるが、内藤が後続を連続三振で抑えた。6回裏の攻撃、ダンボーズは平岩がこの日3本目のヒットとなる右中間への二塁打、永田(淳)が四球で出塁。パスボールで両走者が進塁し、Jesseの内野安打で平岩、続く袴田の内野安打で永田が生還。さらにその後Jesseも生還してダンボーズが3点を返した。

試合は6回裏の攻撃が終了した時点で時間切れとなり、9-4でダンボーズが緒戦を白星で飾った。ダンボーズ先発の永田(医)は5回2失点の好投で1勝目を挙げる。

開幕戦で勝利を飾った新選組・長島
新選組 4 ー ピギーズ 3
勝利投手: 長島大介
打点:神谷(3)、長島(1)


日本から駆けつけ勝利に貢献したジョーカーズ・山田ミサト

ジョーカーズ 9 ー ブラックヤンキーズ 6
勝利投手:アイバン
本塁打:優介(ジョーカーズ)、深谷大輔(ブラックヤンキーズ
打点:優介1、アイバン1、崎谷1、ミサト2、青山3、藤井1(ジョーカーズ)、深谷4、目黒1、奥村1
ブラックヤンキースは1-8で迎えた最終回の攻撃にヒットとフォアボールとでノーアウト満塁とし
フォアボールで1点返した後、続く4番の深谷が文句なしの柵超え満塁ホームランを打ち、8-6と一気に2点差まで詰めました。が、後続が討ち取られ、そのまま試合終了となっています。

惜しくもダイビングキャッチのファインプレーにはならなかったニコニコ・バック
ニコニコ 12 ー ショッカーズ 1 (6回コールド)


3時間以上も試合時間が遅れたにもかかわらず、4回で10三振の築き勝利をあげるベーブ・大西
ベーブ 11 ー ロデオ50 1
勝利投手:大西
打点:吉村3、南端2、高橋、大野、新海、佐藤、Tian



開幕戦から5打点と大活躍したラジエーターズ・カズ

ラジエーターズ 19 ー 猿軍団 1 (5回コールド)
勝利投手:マイク
打点:カズ5、ジョージ3


ニューヨークで最後の登板に立つ岡本投手

ビーズ 18 ー バットメン 0
打点 佐々木 5、真壁 4、斎藤 2、田邊 1、垂水1、


2014年第29回JAA外務大臣杯軟式野球大会 成績表


Aチーム得点失点得失点差勝点直対
1位x-JUN7129129+6216得失点
2位x-BEE7127717+6016得失点
3位x-RAD6226319+4414
4位x-SSG6404440+412
5位PIG460626208
6位BAT3614654-87
7位SRG3704093-536直対
8位BAB3603558-236直対
9位RDO18028100-722
Bチーム得点失点得失点差勝点直対
1位x-JRS9106832+3618
2位x-DMB8206322+4116
3位x-NIK6316135+2613
4位ORG6405122+2912
5位HAM4424050-1010
6位SIL3524036+48
7位BLK19037111-742直対
8位SHO1902996-672直対









x - Clinch the playoff
ABEERADJUNBATPIGSARSSGBABRDO
BEE-● 0-0● 2-2○ 18-0○ 5-4○ 11-1× 1-7○ 11-0○ 10-0
RAD● 0-0-○ 4-3○ 3-2× 2-4○ 19-1○ 11-3× 0-4○ 14-0
JUN● 2-2× 3-4-● 3-3○ 8-4○ 14-4○ 6-2○ 14-2○ 21-2
BAT× 0-18× 2-3● 3-3-○ 11-7× 2-3× 0-1○ 12-0○ 11-2
PIG× 4-5○ 4-2× 4-8× 7-11-× 5-7× 3-4○ 7-4○ 17-9
SAR× 1-11× 1-19× 4-14○ 3-2○ 7-5-× 9-14○ 8-4× 1-10
SSG○ 7-1× 3-11× 2-6○ 1-0○ 4-3○ 14-9-○ 4-3○ 7-0
BAB× 0-11○ 4-0× 2-14× 0-12× 4-7× 4-8× 3-4-○ 11-1
RDO× 0-10× 0-14× 2-21× 2-11× 9-17○ 10-1× 0-7× 1-11-
BSILORGDMBJRSNIKHAMBLKSHO   2X    
SIL-○ 2-1× 4-9× 4-5× 5-7● 4-4○ 10-0○ 5-2× 0-1
ORG× 1-2-× 0-2× 3-4○ 4-3× 1-2○ 16-6○ 9-0○ 8-2
DMB○ 9-4○ 2-0-× 1-2○ 1-0× 7-8○ 12-0○ 11-1○ 7-1
JRS○ 5-4○ 4-3○ 2-1-× 4-5○ 12-3○ 9-6○ 17-2○ 1-0
NIK○ 7-5× 3-4× 0-1○ 5-4-● 3-3○ 9-6○ 12-1○ 14-3
HAM● 4-4○ 2-1○ 8-7× 3-12● 3-3-○ 3-2○ 12-1× 2-8
BLK× 0-10× 6-16× 0-12× 6-9× 6-9× 2-3-○ 9-8× 3-14
SHO× 2-5× 0-9× 1-11× 2-17× 1-12× 1-12× 8-9-× 1-7









-
7月20日インターリーグ戦
ベーブ 8 ー ショッカーズ 2
ダンボーズ 11 ー バットメン 4
じゃんくす 2 ー ハマッコ 1
ビーズ 12 ー ブラックヤンキーズ 0
ニコニコ 5 ー 新選組 1
ラジエーターズ 0 ー シルバーズ 0
オレガ 3 ー 猿軍団 0
ジョーカーズ 6 ー ピギーズ 4


7月27日インターリーグ戦
ショッカーズ 11 ー 猿軍団 6
ダンボーズ 2 ー 新選組 1
ラジエーターズ 10 ー ハマッコ 2
ジョーカーズ 8 ー ロデオ50 4
ピギーズ 7 ー シルバーズ 6
オレガ 6 ー バットメン 1
じゃんくす 18 ー ブラックヤンキーズ 5
ビーズ 7 ー ニコニコ 3

10番からの打者をアディング

10番からの打者をアディング。
通常通り9人で打順を組み(DH 可能)それ以降をアディングとする。
全員をメンバーに入れて試合が始まり9人の中に怪我人が出た場合
DHを使用していて投手(守備だけのプレーヤー)が怪我をしたらDHが守備に入れるのは今までと同じ。
普通のプレーヤーが怪我をして退場した場合はアディングの選手が守備に付くことは可能だが、退場した選手の打順は自動的にアウトになる。
11人参加し日にアディングを使い11人全員で打線を組み守備9人の中から2人怪我人が出てアディングが二人とも守備についた時も抜けた所はアウトです。
打席だけ立つというのはありません。
そこでもう一人退場者が出た場合その打順は自動的にアウトになります。
これはJAAの昔からのローカルルールールで8人で試合が行うことができるルールです。ただし抜けた打順3箇所は自動的にアウトです。
11人いて1人残して10人で打順を組み、後半11人目の人を10番のアディングに代打を出した場合は10番打者のアディング選手はもう試合には出れません。

リーグ分け

Aブロック
ビーズ
ラジエータ-ズ
ベーブ
ビギーズ
猿軍団
新選組
じゃんくす
バットメン
ロデオ

Bブロック
シルバーズ
オレガ
ショッカーズ
ニコニコ
ダンボーズ
ブラックヤンキーズ
ハマッコ
ジョーカーズ

Randall's Island & Central Park グラウンドパーミット

6月22日

Central Park #3 08:00-10:00
Central Park #3 10:00-12:00
Randall's #41 07:00-09:00 ジョーカーズ
Randall's #41 09:00-11:00 ジョーカーズ
Randall's #53 07:00-09:00
Randall's #53 09:00-11:00   ニコニコ

13日
Central Park #3 08:00-10:00  ジョーカーズ・新選組
Central Park #3 10:00-12:00  ラジエーターズ・ピギーズ

Randall's #20 07:00-09:00  ベーブ
Randall's #21 07:00-09:00  バットメン(仮)
Randall's #27 07:00-09:00  シルバーズ
Randall's #30 07:00-09:00  オレガ
Randall's #41 07:00-09:00
Randall's #41 09:00-11:00  ブラックヤンキーズ・ロデオ50
Randall's #42 07:00-09:00
Randall's #53 07:00-09:00
Randall's #53 09:00-11:00  ショッカーズ・ニコニコ

20日
Central Park #3 08:00-10:00  ロデオ50
Central Park #3 10:00-12:00 シルバーズ

Randall's #20 07:00-09:00  じゃんくす・ジョーカーズ
Randall's #21 07:00-09:00  バットメン(仮)
Randall's #27 07:00-09:00  ハマッコ・ピギーズ
Randall's #30 07:00-09:00  ニコニコ
Randall's #41 07:00-09:00  オレガ
Randall's #41 09:00-11:00  ビーズ・オレガ
Randall's #42 07:00-09:00
Randall's #53 07:00-09:00  ベーブ
Randall's #53 09:00-11:00