2014年8月24日(日)決勝トーナメント決勝戦&3位決定戦 試合結果

延長13回を投げ切った両チームのエース、ジョーカーズ・アイバンとオレガ・勝山
NYジョーカーズ10度目の優勝に輝く・・・!

第29回JAA外務大臣杯軟式野球大会・決勝戦と3位決定戦の2試合が、セントラルパークで行われました。ジョーカーズ(矢吹監督)対オレガ(山口監督)の決戦は歴史に残る、”草野球”最高の醍醐味を見せてもらいました!ジョーカーズの先攻で始まり(8:15AM)、11回まで串ダンゴの様に0が22個、これまで両チーム共にチヤンスに決定打が無く、アイバン投手(JRS)と勝山投手(ORG)に押さえられて結果が出せず仕舞い(?)、延長12回・試合が動きました・・!ジョーカーズが2点先取して2-0、その裏にオレガが2アウトから同点の2得点をアイバン投手から奪い、試合は振り出しに戻ってしまった・・・!(?)既に3時間超加の11:30AM、時間にあせるK氏は、過去に経験(準決勝)した”サドンデス・ゲーム”を思い出し、早馬を走らせたが、勝負に燃える選手にあえ無く降参し試合を続行、延長13回にジョーカーズが追加点、3-2として、試合に終止符を打った。

リーグ戦(公式戦)では7イニング2時間制に慣れきっているので、今日の此の一戦はすご~く、長く感じました(?)。両陣営の応援団と、たくさんの見物人がネット裏で感心している事は、草野球とは思えぬ高度な技術の面々、スポーツマンシップを重んじた野球内容に称賛を送って、くれている事が何よりも嬉しく、心に残りました。

昨年度・優勝のビーズ(中村監督)対ダンボス(黒須監督)は#6フィールドで3位決定戦に望み、4-2でダンボスに勝ちを譲る。表彰式には、たくさんの来賓者が参列して頂きました。スーザン大沼JAA会長、在日本国NY総領事館・宮川首席領事、同じく青柳領事部長、ゲーリー森脇JAA名誉会長、ジューリー東JAA副会長、スキーポーツJAA副会長の皆さんが応援方々式典を盛り立ててくれました。ありがとうございました・・・!

決勝戦の始球式を投げてくれたのは次期ジョーカーズのエースの座を狙う、鈴木敬太くん
*2014年度MVP最優秀賞:アイバン・メンデス選手(Jokers)
2014年度JAAスピリット賞:真木かほり監督(ロデオ50’S)
*打点王:(13打点)青山智広選手(ジョーカーズ)
*ホームラン王:(3本)アイバン・メンデス選手
*最多勝利投手賞:(6勝)アイバン・メンデス投手(ジョーカーズ)
         (6勝)長島大介投手(新撰組)

*感謝状:よみタイム社・NY週刊生活社・北林恵美里・鈴木敬太
*花束嬢(感謝状):大竹彩子
以上が本年度の受賞者の報告です。

スーザン大沼JAA会長よりの吉報はNYヤンキースゲーム50%オフ(9月5日)の試合のアナウンス・・・!野田美知代JAA事務局長からはJAAチャリテーゴルフの参加を募るお知らせを頂きました。最後に選手と役員を兼務された高橋俊輔(JRS)、陳家誠(JUN)、平山 弘(SHO)の皆様に心から、御礼申し上げます。お疲れ様でした、そしてありがとうございました。式典に参加して頂いたチームの皆さん、ありがとうございました。来シーズン(第30回記念)を楽しみに・・・、2014年大会の終了を宣言致します・・・!  NY”草野球大会” 万歳・・!

加藤脩治(大会名誉会長兼大会委員長)

2014年度JAA外務大臣杯軟式野球大会”最下位・決定戦”

Aブロック代表:ロデオ(Rodeo’50S)  真木かほり監督
 (9位)  公式戦成績:1勝8敗0分 得点28 失点100

Bブロック代表:ショッカーズ(Shockers)平山 弘監督
 (8位)   公式戦成績:1勝9敗0分 得点29 失点96
   -------------------
時を同じくして、最下位決定戦(非公式)なるものが、球場North Meadowの何処かで行われた様です・・・!(?)。

試合結果の報告を見ないと何んとも言えませんが、ロデオ50’Sのチームは日頃から人に対して優しすぎます(?)、
人から物(得点)を取るのをためらう気持ちが多すぎます、そして人に物を(得点)ただで、沢山あげすぎます!。
猿軍団から10点も取った事、忘れ・?え~最初で最後!。

ショッカーズが大量得点の4点を・・・(?)、そう言えばブラックヤンキース戦での、8得点以来ですね・・・。
            ****
第1回・最下位決定戦の栄光に輝いたのはロデオ50’Sおめでとうございます、罰ゲームを皆で考えましょう・・・!。

加藤脩治


決勝打となるレフトオーバータイムリーツーベースを放った、ジョーカーズ・日江井
決勝戦
ジョーカーズ 3 ー オレガ 2(延長13回)
JRS  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1  3
ORG  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0  2勝利投手:アイバン
打点:ユースケ、長谷、日江井
ジョーカーズ・アイバン投手、オレガ・勝山、両投手の好投により11回まで無失点が続く。そして12回表ジョーカーズ9番ライト星矢がサード強襲ヒット出塁、続く1番ファースト日江井がレフトへの強烈なライナーを放ち、2番ショート林太郎が体を張って、デットボールでノーアウト満塁。ここで3番優介がワンストライクワンボールから、ライト後方への犠牲フライを放つ。さらにツーアウト後5番キャッチャー長谷がショート強襲ヒットで2点目を取る。しかし、12回裏粘るオレガはツーアウト満塁ツーストライクからオレガ監督・山口の左中間へのツーベースで追いつく。そして、13回表ジョーカーズワンアウト後8番青山のサード強襲ヒット後犠打で2塁進塁。ここで1番ファースト日江井がレフトオーバーの勝ち越しツーベースで勝ち越す。そして、13回裏アイバンが最後まで投げ切り優勝!!!!!!



















3位決定戦
ダンボーズ 4 ー ビーズ 2
TEAMTotal
BEE
DMB
勝利投手:内藤
セーブ:永田(医)
打点:平岩、ジェシー


3位決定戦に勝利した、ダンボーズ

ビーズの強力打線を押さえた、ダンボーズ・内藤

残念ながら勝利でお祝いをすることができなかった、ビーズ・真壁

ブービー決定戦
ショッカーズ 4 ー ロデオ50 0
TEAMTotal
SHO
ROD
両チーム、リーグ成績はほぼ互角、これはがガチンコ対決でケリつけるしかないと、決勝戦に負けず劣らずの緊張感高まる中、非公式最下位決定戦がひっそりと、しかし熱く行われました。序盤ショッカーズの好打が再三ロデオの堅い守備陣に阻まれ無得点。ロデオ投手の好投が続く中、中盤よりなんとか地道に1点、2点との得点を重ねたショッカーズが紙一重で最後は逃げ切り試合終了。試合終了後1時間以上もまた熱心に練習に励んでいたロデオさんには脱帽!素晴らしいチームです!