Game Result - 8/14/2022 Championship Game & 3rd Place Match - 2022年8月14日 決勝戦&3位決定戦

8年振り、JAA最多の11回目の優勝を決めた、ジョーカーズ
 
2022年8月14日ー晴れ☀

今年は13チームの参加で5月の始めから行なわれたJAA外務大臣杯軟式野球大会もついに大詰めの決勝戦を迎えることができました。今年で第36回となる今大会ではなんと4年振りに伝統のあるセントラルパークで決勝戦が行われました。

この決勝戦で戦うのは混戦のAブロックを1位通過で勝ち上がって来たジョーカーズとBブロックを負けなしで圧倒的な強さで勝ち上がってきたニコニコ。両チームともプレーオフ1回戦では強豪チームに接戦で勝利して勝負強さを見せ、この決勝戦ではどっちが勝ってもおかしくない対戦となりました。

一方、セントラルパーク#6では決勝戦と同時刻に3位決定戦がじゃんくすとチュパカブロの間で行なわれました。残念ながら決勝戦に勝ちあがれなかった両チームですが、実はこの対戦は昨年の3位決定戦と同じカード。昨年の雪辱を果たしたいチャパカブロに対して昨年の引き続き返り討ちにしたいじゃんくすの間でこちらも熱い試合が行われました。


優勝: ジョーカーズ(JRS)

準優勝: ニコニコ(NIK)

3位: じゃんくす(JUN)

最多勝利: 丸田尚輝(CPC)ー5勝

最多本塁打:合田ショーコ(JRS)ー2本

最多打点:合田ショーコ(JRS)ー9打点

JAAスピリット賞:チュパカブロ(CPC)

最優秀選手:佐藤拓(JRS)

決勝戦で2打点をあげ、打線の要となった、ジョーカーズ・KC

ジョーカーズ 4 ー ニコニコ 2

1234567R
JRS00003104
NIK00011002
勝利投手:タク
打点:KC2

5大会連続決勝戦進出で近年のJAA軟式野球大会でのDynastyを築き上げたニコニコ、対するはJAA野球大会で過去最高の10度目の優勝を誇るレジェンド・ジョーカーズが今年の決勝戦で対決。JAA史上歴史に残る大決戦となる。
ニコニコの先発は今年のチームの引っ張ってきた飯草。そしてジョーカーズの先発はヒーロー的な活躍でジョーカーズを決勝戦まで導いたタク。両ピッチャーともに滑りだしは好調で相手打線を抑えるが、先に動いたのはニコニコ。4回裏に2連続ヒットでチャンスを作くるが、次の強い当たりをショートのユウがダイビングキャッチのスーパープレーで阻止、その間にサードランナーが生還して1点を取るがそれ以上の得点は阻まれる。しかしすぐに反撃を開始する。5回表、ヒットとエラーでいきなりチャンスを作り、プレーオフで絶好調のKCがレフト前タイムリーヒットですぐさま同点に追いつく。そしてさらにヒットが続き満塁のチャンスにするとニコニコ守備陣の乱れを突きさらに2点を追加してこの試合でリードをする。このままリードを保ちたいジョーカーズだったが5回裏にヒットバイピッチ、エラー、ワイルドピッチの連続でヒットなしで1点を返されてしまう。ジョーカーズは1点差に詰め寄られてしまったが、ジョーカーズは6回表に四球とヒットバイピッチでチャンスを作り、またしてもミスターダメ出し男の異名を持つKCがライト前にタイムリーヒットを打ち、試合をまた2点差に広げる。もう後がないニコニコだったが、ここからはジョーカーズ先発のタクがきっちりと最後まで抑え、ジョーカーズが8年振り11回目の優勝を決めた。

初回の柵越えホームランで打線に火をつけた、じゃんくす・堀内


じゃんくす 5 ー チャパカブロ 3

1234567R
JUN23000005
CPC00010203
勝利投手:リッチー





通算11回目の優勝を決めた、ジョーカーズ(JRS)

5大会連続決勝戦進出だったが惜しくも2位となった、「ニコニコ(NIK)」


2年連続で3位となった「じゃんくす(JUN)」


4位:チャパカブロ(CPC)




決勝戦で完投してチームを優勝に導いた、ジョーカーズ・佐藤

決勝戦でニコニコの先発を任された、ニコニコ・飯草



怪我を抱えながらリリーフでマウンドに上がった、ニコニコ・山下







Game Result - 8/7/2022 1st Round of playoff - 2022年8月7日プレーオフ1回戦 試合結果

4回からのリリーフ登板でじゃんくす打線を抑え勝利した、ジョーカーズ・タク


2022年8月7日プレーオフ1回戦ー晴れ🌤 最高気温:35℃

長いようで短かったシーズン、5月の始めから13チームでスタートした第36回JAA外務大臣杯軟式野球大会の予選リーグはついに先週終わりをつげ、その予選リーグを勝ち上がった4チームでよいよプレーオフ第1回戦が行われました。

予選リーグから勝ち上がった4チームとは。。。

強豪が多かった混戦のAブロックの中を一つ抜き出て1位通過をした名門ジョーカーズ。過去10回の優勝経験のあるジョーカーズはJAA野球大会最多となる11回目の優勝を狙う。

そしてAブロック2位通過をしたのは昨年結成されたばかりのチームで2年連続プレーオフ進出を決めた、新星のチュパカブロ。Meet Upの集まりでJAAを制覇するために結成されたチームはニューヨークの軟式野球の頂点にたどり着くことができるのか?

Bブロック1位はJAA野球大会でもっとも古いチームでもあり、昨年は惜しくも準優勝でパンデミック前の17年~19年は3連覇を成し遂げてる、最古で最強のニコニコ。予選リーグも無傷の無敗で勝ち上がり今年も全勝優勝を目指す。

プレーオフ最後の枠を勝ち取ったのは89年のチーム創設以来、32大会連続で前代未聞のプレーオフ進出記録を続けている、影の帝王じゃんくす。優勝からはかなり遠ざかっているがそろそろ復活の兆しを見せてどのチームも一番対戦を嫌がるチームである。

プレーオフが行われたのはJAA野球大会の聖地とも言われてるセントラルパーク。パンデミックの影響でここ数年はセントラルパークでプレーオフを行われることがなかったがついに復活。またこのニューヨークの歴史がある地で熱い試合が繰り広げられた。


延長8回に試合の決勝打となるタイムリーツーベースを打つ、ジョーカーズ・KC


ジョーカーズ 6 ー じゃんくす 5(延長8回)

12345678R
JRS040000026
JUN201100015
勝利投手:タク
打点:レオ、リュータ3、KC

過去に何度もプレーオフで対戦し、JAA大会永遠の宿敵のジョーカーズとじゃんくすが1回戦で対戦。試合開始の気温が35℃の厳しい状況の中、じゃんくすはジョーカーズ先発・ショーコの立ち上がりをいきなり攻め、初回に2点を先制する。しかし同じ厳しい状況の中、ジョーカーズもじゃんくす先発の長島の暑さとの闘いの中で満塁のチャンスを作り、押し出しファールボール、そしてジョーカーズ・リュータの特大スリーベースで4点をはじき返す。簡単に引き下がれないじゃんくすはチャンスを作り3回と4回に1点づつを返し、試合は4回を終えて振り出しに戻る。ジョーカーズはそこからリリーフにベテラン・タクを送り、じゃんくすはそのまま先発・長島で続投。両チームここからは毎回得点をチャンスを作るが両投手による粘りのピッチングで得点は許さず、試合はサドンデス方式の延長に突入。じゃんくすは7回からレジェンド・リッチーを投入し、勝負にでるが守備の乱れにより2塁のゴーストランナーが生還。そこからさらなるピンチを抜けれるかと思われたがジョーカーズ・KCによるダメ出しタイムリーツーベースで延長8回での2点目を奪う。もう後がないじゃんくすは最年長・イットさんのタイムリーで1点を返すことができたが、最後はジョーカーズ・タクさんの執念のピッチングで抑え、ジョーカーズが6対5で勝利して念願の決勝戦へとコマを進めた。





ニコニコ 2 ー チュパカブロ 1(6回時間切れ)

1234567R
CPC001000x1
NIK10001xx2
勝利投手:飯草
打点:飯草、西村

セントラルパーク#6で行なわれたのはJAA最古チームのニコニコとJAA新星のチュパカブロの新旧対決。試合は経験で勝るニコニコが初回に1点を先取。今大会の最小失点を記録しているニコニコのピッチングと守備陣からどうしても点を取りたいチュパカブロは3回に1点を取り返すことに成功。ここからはプレーオフならではの緊迫した投手戦となったが、ニコニコがこの状況から5回に1点を取り返す。。。が、6回のチュパカブロの攻撃を終えた時点でまさかの時間切れ。最後の7回までプレーをして納得のいく形で試合を決めたかったが、その思いもかなわず試合はそこで終了。前代未聞のプレーオフの試合で時間切れとなってしまったが、ニコニコがチュパカブロを2対1でくだし、5大会連続で決勝戦へとコマを進めた。



Game Result - 7/31/2022 Week 11 - 2022年7月31日第11週目リーグ戦試合結果

2022年予選リーグ最後の試合となった、ジョーカーズ対ダンボーズ戦
 2022年7月31日ー晴れ🌤 

2022年JAA外務大臣杯軟式野球大会の予選リーグも嬉しいようで悲しいような最終戦を迎迎えることができました。参加してくださったチームの選手の皆様、お疲れ様でした。今年の大会はプレーオフ進出の4枠(各ブロックの上位2チーム)をかけて13チームの間で争われ最後まで熱い戦いが行われました。

来週からセントラルパークでおこなれるプレーオフに進んだのはAブロックを1位通過した名門ジョーカーズ、昨年に引き続き大会に参加してから2年連続でプレーオフにコマを進めたチュパカブロ、そしてBブロックからは予選リーグを全勝で突破して再びトップの返り咲きを狙うニコニコ、最後にチーム創設の89年から連続でプレーオフ進出記録を持つじゃんくすの4チームでプレーオフ1回戦が行われます。


ジョーカーズ(A1)対 じゃんくす(B2)

場所:セントラルパーク#3

時間:9時スタート


ニコニコ(B1)対 チュパカブロ(A2)

場所:セントラルパーク#6

時間:9時スタート


引き続き来週のプレーオフの応援の方も宜しくお願いします。





Dumbos 8 - Jokers 1

1234567R
JRS00000011
DMB200330x8
勝利投手:ミゲル
本塁打:パオロ(DMB)、日江井(JRS)

ここまで無敗でAブロックのトップを独走してすでにプレーオフ進出を決めてるジョーカーズ。対するは今年は惜しくもプレーオフを逃し、昨年からのV2がかなわぬ夢となってしまったダンボーズが対決。試合はダンボーズが初回にいきなり2点を先制して試合の主導権を握る。一方、プレーオフに向けていい試合をしたいジョーカーズであったが、ダンボーズ先発のミゲルに見事に抑え込まれ持前の打撃力は空回りをする。そして試合は4回裏のダンボーズ・パオロがスリーランホームランを放ち一気に点差を突き放し、5回裏にもさらに3点を追加しダメ出しを加える。最終回にジョーカーズ・日江井が渾身のホームランを放ち待望の初得点をするが、Too little too late。最終戦でダンボーズが意地でジョーカーズに初黒星を付ける試合となった。


最終戦に勝利して全勝でプレーオフに臨む、ニコニコ

NikoNiko 10 - Piggies 3

1234567R
NIK115002110
PIG00100023
勝利投手:玉城
打点:フェルナンデス、玉城2、石村2、田村、西東

ここまで3勝3敗で最終戦に勝ってシーズン成績を勝ち越したいピギーズとここまで無敗ですでにプレーオフ進出を決めているニコニコが対戦。ニコニコが有利かと思われた試合だったがこの試合でエースと2番手ピッチャーが不在というピンチにいきなり試合前から立たされる。。。が、ニコニコ打線は最初の3回でいきなり7点を得点し一気に大量リードを奪い有利に試合を進める。なんとか点を取り返し試合をもつれ込ませたいピギーズだったが、ニコニコ3番手ピッチャーのフジオに最小点に抑え込まれ、ニコニコの選手層の厚さを実感することになる。結局試合はニコニコがさらに追加点をあげ、ピギーズも意地で最終回に2点を返すが10対3でニコニコが勝利。プレーオフ進出チームの強さを実感するような試合であった。


試合前の作戦会議で勝利を目指す、じゃんくす戦士たち

Junks 10 - Kizaru 2

1234567R
JUN011431010
PIG01000012
勝利投手:長島

この試合に勝つことがプレーオフ進出の最低条件のじゃんくすと強豪チームにも勝利を決め今年のダークホース的な存在となるキザルが対戦。最近打線が空回りをしてるふ2回表に先取点を取り試合を有利に進めたいじゃんくすであったが、すぐさまキザル打線に同点にされまた嫌なムードがいきなり漂う。しかしこの嫌な流れを断ち切ったのはじゃんくす・アクツのセンターオーバーのインサイドパークホームラン。これを皮切りにここからじゃんくす打線が一気に炸裂し大量リードを奪う。一方、守りの方では今じゃおなじみとなる長島・リッチーのピッチャーコンビと堅い守備力でキザル打線を2点に抑え、じゃんくすがプレーオフ進出を決める試合に勝利した。




試合後に一緒に混ざって練習をする、チャパカブロとショッカーズ

Chupacabros 13 - Shockers 1


Batmen 4 - Black Yankees 1

1234567R
BAT20110004
BLK01000001
勝利投手:片山


Rajihama 13 - Rodeo 50 3

1234567R
RDO003000x3
RJH021415x13



FINAL STANDING

AteamWLTPCTGB得点*失点*得失点勝点
1stJRS*6101.000-50222812
2ndCPC*620.7500.548163212
3rdDMB530.6251.540152410
4thBLK250.2854.02425-14
5thBAB250.2854.02858-304
6thBAT260.2504.53139-84
BteamWLTPCTGB得点*失点*得失点勝点
1stNIK*8001.000-6776016
2ndJUN*511.8002.041182311
3rdR&H421.6003.04324199
4thPIG340.5004.53234-26
5thKRZ250.3335.52859-314
6thSHO260.2856.03180-494
7thRDO070.0007.51475-610

* advance to playoff