2021年6月20日第7週目 試合結果

サードへの悪送球をジャンピングキャッチで捕る、キザル・ケニー

ハッピー父の日!!。。。にも関わらず父の日よりも野球を優先した人たちが集まって行われたJAA軟式野球大会第7週目。野球が終わった後はちゃんと父親孝行、そしてお子さんがおられる方は自分孝行はできたでしょうか?試合の前日に雨が少し降っていたようですが、朝になってみると打って変わって試合当日の最高気温はなんと32度。今年の最高気温と同じ気温の中で試合が行われました。

今週の見どころはただいま無敗のダンボーズ対2週連続で無敗チームと対戦となるブラックヤンキース。そしてじゃんくす対ジョーカーズのJAA史上最高の因縁の対決。キザル対ラジハマの混合チーム同士の初対戦など多くの名勝負が繰り広げられました。

2021年6月20日第7週目 試合結果

2021年6月13日第6週目 試合結果

投打の両方で勝利に大貢献をした、ブラックヤンキース・サング

先週の猛暑とは打って変わって、野球をするには最高の気温の中で行なわれたJAA軟式野球大会第6週目。しかし6月という時期は選手たちの移動が大きくある時期でもあり、各チーム内で大きく選手構成が変わってくるという時期でもあります。この毎年6月に起こるチーム内の変化に対応できたチームがリーグを制すると言っても過言ではありません。

今週の注目の試合はBブロックの1位と2位の首位争いとなる、ダンボーズ・ピギーズ戦。勝利したチームがBブロックのトップとなる試合。そしてここまで無敗の新参チームのチャパカブロともうこれ以上負ける事が許されないブラックヤンキースのインターリーグ戦。ほかにも勢いに乗るベーブややっと全戦力が揃ってきたラジハマの試合も見どころになります。

夏と共にヒートアップしてきた試合の数々に結果は如何に?


2021年6月13日第6週目 試合結果

2021年6月6日第5週目 試合結果

 

1年10ヶ月振りのセントラルパークでの試合となった、ダンボーズ対キザル戦

先週のメモリアルウィークの休みも終わり本格的に夏の季節がやってくる6月最初の試合、いきなりニューヨークでは最高気温が34℃と記録的な暑さの中での試合となった。JAA軟式野球大会の聖地とも言われてるセントラルパークのグラウンドでは2019年の決勝戦以来、1年10ヶ月ぶりの試合がダンボーズとキザルの間で行われました。そしてお馴染みランドルズ島の方でも残りの5試合が行われて、みんなが待ち望んだ「真夏」の野球がついに再開した。

2021年6月6日第5週目 試合結果

2021年5月23日第4週目 試合結果

気温が30度を超える暑さの中でプレーをする、ピギーズ・ラジハマ

 2021年5月23日第4週目 試合結果

本日の最高気温はおそよ32度の今年一番の暑さ、5月とは思えないほどの猛暑の中で予定されていた6試合が行われた。Aブロックの対戦ではここまで無傷で来てるニコニコとチャパカブロが対決、そしてもう一方のBブロックでも無傷で首位を争っているダンボーズとじゃんくすの好カードなど熱い戦いが行われた。その他にも今週は2試合のインターリーグ戦があり、BAB vs BLK戦ではBABが勝利、BAT vs S&B戦ではBATが勝利し、これまでのインターリーグ戦はAブロックが4勝0敗とAブロックが圧倒的な強さを見せつけている。

来週はメモリアルウィークエンドという事で全チームの試合がお休み、6月からのシーズン中盤戦に向けて各チームはリーチャージをして挑む。


2021年5月16日第3週目 試合結果

すでにベテランの風貌を漂わせる期待のルーキー、キザル・チナミ

2021年5月16日第3週目 試合結果

先週の母の日の試合が雨天中止となり、各選手が野球をやりたくてウズウズして再開となったJAA軟式野球の第3週目、野球をするには暑からず寒からずの最高の天気の下で6試合が行われました。見どころはブロックシードチーム同士の対決NIK・PIG戦、伝説の因縁の対決じゃんくす・ブラックヤンキース戦、勢いvs安定のバットメン・ジョーカーズ戦などなど、第3週目にして多くの好カードの結果はいかに?