2018年6月17日(日)第7週目 試合結果

試合前に黙祷を捧げる、ジョーカーズ&ビーズ

DMBHAMSILRADBEEJRSSHOPIGRDOBLKBATBABNIKYRWJUNSRG
6-12-35-44-1110-1210-12-18-2

第8週目:6月17日(日)試合結果

晴れ後(のち)晴れです!、週末の晴れは本当に嬉しい、心の底まで晴々とします。Happy Fathers Day!。 父の日のランドロス島は静かです、我々の試合以外は殆んど見かけませんでした(?)、昨年他界(6月18日)した故・奥村選手(元BLK)と故・ブルーノーフランコ(BUA会長)5月死去への哀悼の意を表し、試合前後に黙祷(10秒間)を捧げて頂きました、ありがとうございました(合掌)。試合開始直後に、爆発音と黒煙が立ち上がり、後に消防車がたくさん集結しました、震源地(M2)は球場入り口(橋の下)、ゴルフ練習場付近の様子(?)

6月10日の結果をカセイさんブログと、FBを観て大変に驚きました!。 皆さんからのレポートで初めて知り得た情報で「満塁ホームラン+サイクルヒット+7打点」をたたき出した小杉選手(RAD)の活躍は大会史上(33年間)初の大記録達成かも(?未確認)!昨シーズン全勝優勝のニコニコ(11勝)、今季は(5勝)、で負けなしの16連勝中!この記録更新も凄い!。今後の見所は、どこのチームが最初に土をつけるか、トランプ占いで検証(ドナルドは無し)して見ます、いや、山奥の”天神様”に聞くほうが早いかも(?)。

大会運営の貢献者、カセイ選手(副委員長)の活躍も見逃せません、ブログ作成(詳細な記禄) の重圧にも負げず、現役選手の意地とプライドをかけて”じゃんくす”を勝利へと導いた貴重な動画(対JRS戦)を観ました。 ご自身、M球(軟式新球)初となるホームランなのでは(?)お見事でした!。このパワーの源は隠された彼の食生活に有るのでは(?)、一日三食決してぶれないラーメン味覚、継続は力なり(食べ続ける事)この「ラーメンパワー」のお陰で、熟成された体力を持続できるのではと、確信してます。(此処までは、前回の追加文です)

6月17日、本日の8試合も無事に消化で来ました。但しRI#27,外野付近のスプリングクーラー水が作動中で、BLK-RDO戦に影響がでて#43フィールドに移動しました。主審(BUA)もオーバータイムを嫌い、4回からはカセイさんが主審を引き継いでくれ問題解決、助かりました。5戦全勝チーム(勝ち点10)は、A:ニコニコ、B:じゃんくす。

6月14日から、W杯FIFA・2018ロシア大会が始まりました。  開催国のロシアがサウジアラビアを5-0の大差で快勝!。 優勝候補はブラジル(E)を筆頭に、ドイツ(F)そしてスペイン(B)と予想されています!。日本(H)は対コロンビア戦(18日)が最初の試合となり、セネガル(24日)、ポーランド(27日)の順で予定されてます。32カ国の代表チームに漏れた、アメリカ、イタリア、オランダ等の強豪チームがいないのは残念です。噂では、アメリカ主催「裏W杯2018」の大会開催があるかも知れません(?)。2018USオープン(PGA)もNYで開催されています。今日が最終日ですが、グリーンの難しさと風に悩まされ、3日目までの結果はトップ3選手(+3)でした。

6月24日(日)第09週目:CP#03,SHOーBAT(順延ゲーム)1試合のみ。
7月01日(日)第10週目:祝日週間の為、全試合は休み(N/G)
7月08日(日)第11週目:4月29日(日)第1週目の順延ゲーム
7月15日(日)第12週目:5月20日(日)第4週目の順延ゲーム

試合結果はカセイさん作成のブログと風間愛さん写真を参照して下さい。

加藤脩治


多くの応援団の影に見守られる、ジョーカーズ・21番
ビーズ 5 - ジョーカーズ 4(6回時間切れ)
TEAM1234567TOTAL
JRS
BEE
勝利投手:田邊
本塁打:トシ(BEE)
打点:トシ、森田、田邊(2)(BEE)、笹川(2)、セイヤ(JRS)
逆転をされ追い上げるジョーカーズだがTOO LITTLE TOO LATE、ビーズが5-4で勝利!

バットメン 10 - ベーブ 1
TEAM1234567TOTAL
BAB
BAT10
本塁打:ヨシナカ、スギシタ
バットメンのパワー打線復活!!2本のホームランで今季初勝利をあげる。


じゃんくす 8 - 猿軍団 2
TEAM1234567TOTAL
JUN
SRG
勝利投手:リッチー
本塁打:薄井、リッチー
打点:薄井(3)、基村、リッチー、伊藤
二刀流勝利!先発リッチーとクローザー薄井が揃って本塁打!8-2で勝利!
開幕から4連勝のじゃんくすと接戦続きだがなかなか勝ちに恵まれない猿軍団との対決。先行のじゃんくすがまずはいきなり仕掛ける。1番川添と2番薄井の連続クリーンヒットの後、4番5番のロスかせ・コンビのラッキーな2連続ポテンヒットでいきなり2点を先制。続く2回表にも9番田村と1番川添の連続クリーンヒットの後に2番薄井の3ランホームランが炸裂!!さらに3回表には先発リッチーのソロホームランでじゃんくすが6点リード。一方、猿軍団は毎回ランナーを出すものの、じゃんくすの堅い守備に阻まれなかなか得点をすることができない。じゃんくすは6回にも3番基村のタイムリーヒットと7回には代打伊藤のタイムリーツーベースでさらにリードを広げる。大量リードをされてしまった猿軍団だったが、アグレッシブな野球で6回と7回に1点づつ返すが、前半に大量得点をしたじゃんくすに追いつくことができず、じゃんくすが8対2で無傷の5勝目を挙げる。


ダンボーズ 6 - ハマッコ 1
TEAM1234567TOTAL
DMB
HAM
勝利投手:ミゲル
打点:ジェシー、平岩、ミゲル、松尾(2)
ダンボーズの作戦勝利!すべて上手くいき、6-1でハマッコに初黒星をつける。
セントラルパーク第一試合はダンボーズ対ハマッコの対戦。四連勝中のハマッコに先週負けているダンボーズが挑む。先制したのはダンボーズ。二回表ヒットのハカを三塁に置いてジェシーのエンタイトル二塁打でリードを奪う。一方ハマッコも三回裏に内野ゴロの間に一点を返して同点で中盤を迎える。四回表、ダンボーズはヒットのミゲルを三塁に置いてシューヘイのポテンで得点すると、さらにヨースケが押し出しの四球を選んで3-1と突き放す。五回表にもミゲルの適時二塁打とシューヘイの適時打などで追加点を奪ったダンボーズは、投手陣もユージNからミゲルへの継投でハマッコ打線に的を絞らせず、守備陣も目立ったミスもなく、6-1と勝利した。


ピギーズの守護神、大魔神・大井がショッカーズ打線をシャットダウン!!
ピギーズ 11 - ショッカーズ 4
ピギーズ、勝利の方程式でショッカーズに11-4で快勝!


ニコニコ 2 - ヤローズ 1
TEAM1234567TOTAL
YRZ
NIK
勝利投手:西嶋
打点:神田(2)
6回裏の神田の逆転タイムリーでニコニコは無傷の5勝目!


ラジエーターズ 3 - シルバーズ 2(延長9回)
プレーオフの進出向けてに大事な試合をラジエーターズが延長9回に気迫で勝利!


ブラックヤンキーズ 12 - ロデオ50 10
ロデオ、2試合連続で大量得点!が、ブラックヤンキーズ打線がそれを上回り、勝利!